マンション管理士試験は専門学校に通えば合格できるかどうかは、人それぞれです。 しかし、独学で勉強して試験を受けるよりも、専門学校に通って学んだ方が合格する確率は高まるはずです。 マンション管理士の試験は、出題範囲が広い上、新しくひとつの知識を得たからといって出題された問題に解答することはまずできないと言われています。 さまざまな知識を身に付け、多方面から出題された問題に対してアプローチしないといけないのです。 それに、ひとつの知識を掘り下げて深く理解しておく必要があります。 でも、テキストを使って独学(効率よく勉強しないと、見当違いの勉強をしていても誰も注意してくれませんね)で勉強していると、理解が浅くなってしまって、試験問題に解答するだけの知識が得られないこともあるでしょう。 一方、専門学校(何らかの「専門課程」を置く専修学校のことです)で講義を聞けば、講師(有名な人の場合、講義の内容について本にまとめて出版していることもあります)の説明などから深い知識を得ることが出来るのです。 また、専門学校であれば、分からないことがあれば、講師に質問することもできます。 さらに、マンション管理士(マンション管理士協会という団体も存在します)試験合格という同じ目標を持っている人達が集まっていらっしゃるので、挫折しにくいというメリットもありますー